宇宙人によるナンバーズの操作

宇宙人はナンバーズの当選数字を操作しています。
これは「当選数字」や「当選金額」を地球外生命(上位種の宇宙人)が操作可能という証拠となる数字の操作を記載します。

ナンバーズの仕組みについて、1秒間に3回転するルーレットが数字の桁数分あり、「発射スイッチを人が押します。宇宙人はそのボタンを押す動作のタイミングを数千分の1秒単位で「正確にコントロール可能です」それにより「当選数字を操る事が出来ます」
下記に、顕著な例を記述します。
ナンバーズで、当選金額が66,600円になった回の内2回が「311」「119」という、「3.11東日本大震災」と「911同時多発テロ事件」の数字に合わせて、宇宙人が操作したと事例があります。これは「イルミナティ666の数字(聖書の獣の数字666)に合わせ、当選金額と、当選数字の双方を”操作”したものです」

f:id:lachesith:20160221075840j:plain

第4090回 2015-02-27 当選数字 「311
当選金額
ストレート 66,600円 152 口
ボックス 22,200円 393 口
セット(ストレート) 44,400円 279 口
セット(ボックス) 11,100円 432 口
ミニ 6,600 円 647 口
販売実績額 89,644,000円

第1732回 2006-01-06 当選数字「119
ストレート 66,600円  233 口
ボックス 22,200円 385 口
セット(ストレート) 44,400円 384 口
セット(ボックス) 11,100円 457 口
ミニ 11,100 円 604 口

この「119」は「911同時多発テロ」を暗示するために意図して操作した数字です。
ナンバーズの当選金は「購入金額を購入口数で割る」仕組みのため、一口購入金額がずれる66,600円ではなくなります。そのため「購入者全員が一致しないと、購入金額66,600円且つ、当選数字311,119の当選は不可能」です。
このように購入者全員の把握が出来るのは「宇宙人だけ」です。
およそ数万人が購入し「一口」でも購入口数がずれると当選金額が「66,600円」ではなくなります。その購入口数を締め切り直前に管理することで初めて出来ます、宇宙人達はそれだけの”大多数の人間の監視と管理・遠隔操作”をやってのけるだけの力があるという事です。

さらに、2016年2月29日、私は宇宙人に関する勉強会を行い、そこで、宇宙人によるナンバーズの操作と、「311」の数字に合わせ「66,600円」の当選金額の事例を説明し、”当選金額をちょうど66600円”にするには、購入金額が100円異なるだけでも、金額がずれることを説明していました。
そ の翌日の2月29日、「311」になるように、宇宙人が抽選数字と当選金額の操作を行い、抽選数字はちょうど「311」になったものの、当選金額は200 円ずれ、「66800円」となりました。「ミニ」の当選金額は6600円と、約一年前の2015年2月27日と同じ金額には「宇宙人が購入者を操作して、 当選金額の調整に成功しています」

f:id:lachesith:20160301035001p:plain


次の事例です。
2015年12/21日、当日は「かわさきFMで私・高野愼介がラジオの収録」をしている時機に、行われたナンバーズの当選数字、これにも操作がありました。
第4301回ナンバーズ3 「530」、第4301回ナンバーズ4「5306」でした。
これは私の誕生日5月30日に合わせ「530を含む数字」が抽選されるように、「地球外の高度技術で宇宙人が”操作”」していました。

ナンバーズ4 第1171回 2003年05月30日 (金) ※5月30日は筆者 高野愼介の誕生日
当選数字 「8666
当選金額(参考):ストレート 1,088,200 円、ボックス 272,000 円
セット(ストレート) 680,100 円、セット(ボックス)  136,000 円
これも「高野愼介の誕生日5月30日」に、666を含む8666がナンバーズ4の当選数字になるように宇宙人(地球外知的生命)が操作した事例です。

また、「166」の当選数字が2015年に「4回」来ています、これは「ある印鑑会社の「高野」苗字の印鑑の印鑑番号が[166]」に一致していることと2015年に高野愼介の宇宙人と会話が出来るようになった年に合わせた操作現象です。

ナンバーズの当選回数上位は11回が最高。(2数字) (2016/1月末時点)
下記は一部抜粋となります。
9回(35位) 066、660、044、(900)
8回(79位) 966、606.269,369、400、200、
7回(154位) 666、996、222、119、033、300
「066、660、606、666、966、996」といずれも「6が複数ある数字」が上位当選回数に入っています。6は宇宙人が好む数字であり、これも意図的に上位当選回数にしています。同様に4433222は宇宙人が好む数字です。

スターウォーズ・エピソード3で、ジェダイ抹殺コード「オーダー66」が登場します。これはダース・シディアス
クローントルーパーに指揮官のジェダイを殺すよう強制する、マインドコントロールを発動する隠しコードです。
エピソード7公開初日の2015年12月18日、第4300回ナンバーズ3の当選番号が「966」でまさに「ダース・シディアス」のオーダー66にちなんだ数字になるよう、宇宙人達による現実世界でのナンバーズ当選数字の操作をしていました。
12月18日、第4300回ナンバーズ3の当選番号が「966
12月16日の第4298回ナンバーズ3の当選番号が「166
12月17日の第4299回ナンバーズ4の当選番号が「5866
12月25日、第4305回ナンバーズ3の当選番号が「166
と、ナンバーズ3と4で、公開
2日前から3日連続で「下二桁に66」が出ており、偶然ではなく、これ自体が地球人を操作できるシステムを持つ高次宇宙生命体によるナンバーズの抽選数字の操作です。さらに2015年は「166」の当選数字が計4回もあります。

ナンバーズ3 第2876回抽せん結果

抽せん日 2010年06月14日 (月)
当選番号 999
ストレート 995 口 46,200 円
ボックス 0 口 0 円
セット
(ストレート)
0 口 0 円
セット
(ボックス)
0 口 0 円
ミニ 580 口 4,500 円

こちらは、ストレートの当選口数が「995口」と、特別に多い当選口数となっています。これも意図的に操作があり、特定の大口が大量に「999」を買っていたことになります。
(一般の範囲ではストレートの当選口数は、60口前後~190口未満)
ナンバーズ3 第4288回抽せん結果

抽せん日 2015年12月02日 (水)
当選番号 999
ストレート 522 口 62,700 円
ボックス 0 口 0 円
セット
(ストレート)
0 口 0 円
セット
(ボックス)
0 口 0 円
ミニ 599 口 6,200 円

こちらは、ストレートの当選口数が「522口」と、特別に多い当選口数となっています。これも意図的に操作があり、特定の大口が大量に「999」を買っていたことになります。

3/28 第4369回ナンバーズ4は「7777」の当選数字
異例の「485口」のストレート当選口数でした。

f:id:lachesith:20160712151440p:plain

こ れは当選数字を意図的に「7777」になるよう地球外知的生命が操作し、さらに意図的に大量に当選するよう特定の集団に宇宙人がテレパシーで購入者に情報 を与え購入させています。 通常のストレート当選は20口台(10数口から40口前後まで)のため、普段の10数倍もの当たり口数が出たことになります。

5/4のナンバーズ、942がダブルで、3942、と942です。
「時が止まったように地球が遅く見えるスペースシップ」から素粒子のテレポートで操作し抽選を操っています。

f:id:lachesith:20160509051519p:plain


2016/5/4のナンバーズ、異星人の操作により、942がナンバーズ3と4両方に入りました。
3942と942です。地球外知的生命は「時が止まったように地球が遅く見えるスペースシップ」から素粒子のテレポートで操作し抽選を操っています。

f:id:lachesith:20160509051609j:plain

 


エピソード1でクワイ・ガンが「サイコロの目をフォースで操作したように」”地球の現実”でも、「フォースというゲージ粒子や微細な素粒子をテレポート操作する技術により、ナンバーズやくじ、ギャンブルが操作される」現象も起きているのです。
フォースとは「素粒子の転換や転移技術」による地球上の事象を操作する「高次宇宙の技術」です。これは「地球上で多く使われています」

宇宙人という存在はこうやって、高速で回転する的に矢が当たるタイミングですら計算し、特定の数字になるように、”数千分の一秒”単位でボタンを押す人の操作を可能ということです。ナンバーズの事例だけではなく「人の脳や手を操作すること」で、宇宙人はあらゆる地球上の事象の操作をしています。

過去にそれ以外にも「530や5月30日」にちなんだ、宇宙人達による操作現象があり、それはこちらのリンクをご覧ください。